夏の着物には二種類ある

beergarden

夏を除く季節に着る着物を袷(あわせ)、6月から9月頃までの暑い時期に着る着物を単衣(ひとえ)と言います。裏地のある袷と違い、単衣は一枚仕立ての着物です。
その単衣の中にも二種類、絽(ろ)と紗(しゃ)があります。

夏着物の織りの違い

summer

絽と紗は「もじり織」と呼ばれる、二本の経糸(たていと)をよりながら緯糸(よこいと)へ織りこんだ生地です。どちらも夏向きの、透け感のある見た目が特徴です。

絽はフォーマルにも

絽は紗と比べて透け感の少ない、フォーマルな場面に適した織りです。夏場の留め袖、訪問着、色無地など、結婚式やお茶会への着物としておすすめです。
経糸の具合によって三本絽、五本絽、七本絽、九本絽などの種類があり、後半になるほど透けにくくなります。七本絽や九本絽は、6月や9月の少し肌寒い頃に特におすすめです。

紗はセミフォーマルからカジュアルな場に

bousichan

絽よりも透け感がある紗は、セミフォーマルからカジュアルな場面におすすめの織りです。下に白襦袢を合わせて、涼やかな着こなしができます。織り柄の入った紋紗(もんしゃ)なら、一層「粋」な着こなしに。
紗は7月8月の盛夏向けと言われていますが、襦袢を色物に変えて透け感をなくすことで、6月や9月にも単衣として着ることができます。

 

暑い夏でも涼やかに

asease

単衣を着る時期は一般的に、夏至頃から重陽の節句(9月上旬)の頃までと言われています。
年々暑くなっている日本の夏、着物で過ごすには工夫が必要です。
色や柄、帯を選んで、清涼感のある着こなしを心掛けましょう。