外国ではショーや展示会なども開かれるほどに大変評価が高く、人気の日本の伝統文化である「着物」には、素敵な魅力が沢山あります。
着物は、1300年も前からの古い歴史があります。

kimonoshow
多種多様な色や模様のある美しい着物は、パッと目を引く外見の美しさはもちろんのこと、着物を着ると、歩き方やしぐさなど、内面からの女性の美しさが滲みでます。

また、季節に合わせて、素材やデザインの違った着物を着ることができ、個性を十分に発揮できるのも、魅力のひとつです。

hanabi

夏の浴衣は、花火大会や夏祭りなどで、女性をはじめ、子供さんや男性の方も、とても上手におしゃれに着ている姿をよく見ます。
着る着物に合わせ、帯や帯留め、半襟の色や柄を変えてみたり、また、バッグや草履など小物類を合わせてコーディネートをしたり、沢山のバリエーションが楽しめます。

髪につける、ヘアアクセサリーも、着物に合わせて、また自分の好みの物を使う楽しみもあります。

kimono-kitai

一言に「着物」と言っても、「浴衣」「振袖」「留袖」「打ち掛け」「訪問着」など、沢山の種類があります。
素材も、「木綿」「ウール」「紬」「絹」「麻」などがあります。

着物というと、堅苦しいイメージや、着るのが難しいといったことが、若い方には、疎遠しがちでしたが、近年は、着物の魅力に惹かれる若い女性も多くなりました。
洋服のおしゃれを楽しむように、着物のおしゃれを楽しむ女性が増え「着物女子」という、言葉も生まれました。